デビットキング&ゴスペルシンガーズ

キングさんprof

出身地:米国ニューヨーク州バッファロー
経歴(米国内):
【ツアー】スタイリスティック、クール アンド ザ ギャングなど。
経歴(日本国内)TV出演
浜崎あゆみ『Endless sorrow』プロモーションビデオ出演
矢沢永吉 バックヴォーカルとして『Hey Hey Hey』出演
フェイス・ヒル バックヴォーカルとして『Mステーション、ミュージックフェア』出演
平井 堅 バックヴォーカルとして『MTVアンプラグト』出演
ソエル バックヴォーカルとして、『POPJAM』出演
NHK『題名の無い音楽会』三味線とのコラボで『We Will Rock You』を熱唱
倖田來未 バックヴォーカルとして『Can We Go Back』でMステーション出演
AK69ドラマーとしてプロモーションビデオ出演
TBS『EXILE魂』ゲストヴォーカルのバックヴォーカルとして出演
久保田利伸・トータス松本・谷村新司など
コンサート:
アシャンティ バックボーアル(バンドリーダー)としてワールドツアー出演
ワンヤ(ボーイズトゥメン)バックヴォーカルとして出演
メロディ バックボーカルとしてMTV X’masコンサート出演など
映画:
『ミッシング』K-Ci(K-Ci&JoJo)と共演
2010年秋公開『BECK』出演(水嶋ヒロと共演)

ソロデビューCDアルバム『It’s All In The Game』リリース
セカンドCDアルバム『Are you Feeling Me?』リリース
2002年 ワールドカップCD『翼をください』リードヴォーカル
2003年12月 Platinum Patnuzより『Drama-Tix』リリース
2003年 Misia Respect Album リードヴォーカル、ヴォーカルアレンジ
2004年 GTS-Melodie Sexton 作詞作曲 Li Ai CDのプロデュース

レコーディング:
倖田來未 Album『Stay With Me』『Can We Go Back』『Love Is Over』『愛の歌』バック
ATSUSHI『Choo Choo Train』バックヴォーカル

ツアー:
2007年3月 マイケル・ジャクソン来日VIPパーティに出演。マイケルの前で子供達と一緒にオアフォーマンスをした。
2009〜2010年元EXILEヴォーカリスト清木場俊介 全国ツアーFlying Jet Tour出演
2010年倖田來未全国ツアー出演予定

キングさん写真2 キングさん写真1 キングさん写真3

GOSPEL SHOW :
SONZ OF SOUL (サンズ・オブ・ソウル)

■小学校
コンセプト:子供たちに音楽を通して英語を学んでもらうと同時に黒人音楽のルーツであるゴスペルも体感できる

曲(一例)
The Alphabet Song (ABC の歌)
Twinkle, twinkle, little star (きらきら星)
If you're happy and you know it (幸せなら手をたたこう)
Head, shoulders, knees and toes (あたま かた ひざ ポンの歌)
I've Been Working on the Railroad (線路は続くよどこまでも)
It's a small world (イッツ ア スモール ワールド 小さな世界) など

■中学校
コンセプト:授業でも取り入れられているスタンダードな曲を中心に英語と音楽を楽しみながらゴスペル音楽も学べる

曲(一例)
Stand By Me(スタンドバイミー)映画の主題化
Ellie My Love(いとしのエリー)サザンオールスターズのカバー曲
My Girl(マイガール)映画の主題化
Can’t Give you Anything(愛がすべて)ギャツビーCMソング
I Just Called To say I Love You(心の愛)スティービーワンダーの代表曲 など

■高等学校・大学
コンセプト:黒人音楽の歴史を伝えながら、最近の音楽も取り入れ、音楽に関心を持たせ楽しい時間をみんなで共有する。(選曲は、中学校の一例に+α、リクエストにも応じます)

*すべてのショーにゴスペル曲は必ず入れます(2曲~)
ゴスペル曲(一例)
Oh Happy Day(オーハッピーディ)
Joyful Joyful(ジョイフルジョイフル)
Amazing Grace(アメージンググレース) など

 - ゴスペル, 音楽 ,